FC2ブログ
独りごと日和。
劇的ビフォアアフター
風水とか、まったく信じていないのですが、いくらなんでもこんな部屋に福は来ないだろ、ってくらい酷い状態だったので、大掃除してみました。なんと5時間もかかってしまいました。捨てても捨てても出てくるゴミ、ゴミ、ゴミ。気が付けばゴミ袋5袋分になってました。こんな部屋で生活してた自分が信じられません。
今は、見違えるほどキレイになりました。床が輝いています。もしかしたらニュースの森とかの報道特集に出られるんじゃないかって程の変わりようです。
スポンサーサイト



ラルク
中学時代からよく聴いていました。大学受験で音楽そのものを聴かなくなってから、ラルクからも遠ざかっていたのですが、後輩がたまたまラルクファンで、それに触発されて最近また聴き始めました。
彼らの曲は、アレンジとか、ボーカルとか、音そのものに魅力があって、歌詞は二の次くらいに思ってました。実際、浮世離れしたものが多くて、詞の世界観に浸ることはありませんでした。
でも、中には現実感があって共感できる歌詞もあるんだなって最近気付きました。中でも、Fare Wellとか、切な過ぎますね。この曲は、100キロハイクの最後の最後でヘタれてしまった僕、北アルプスで5日間も雨に打たれ続けて心が折れてしまった僕に捧げる歌だと勝手に解釈しています。
東京デザイナーズウィーク
20051106001726.jpg

ちょっと前の話ですが、建築学科の友達に誘われて行ってきました。企業ごとに、コンテナのブースが設けられていて、そこで最新のプロダクトデザインが公開されてました。auの携帯電話の新しいデザインもチェックしてきまいした。商品化は未定らしいです。
また、学生の発表の場も設けられていました。デザイン家具の展示なんですが、素材の使い方が奇想天外で、見て楽しみ触って楽しみでした。アスファルト、アルミ缶、藁、果てはコンドームまで。
普段何気なく使っている商品一つ一つにデザイナーの魂がこもっていると思うと、また見方が変わりますね。
学園祭
毎年、学園祭の時期に山に登るなんてアウトローなサークルに入っているので、3年間まったく縁がなかったのですが、引退して自由の身になったので、今年初参加しちゃいました。
有名人も数多く来てました。今日の目玉は、リリーフランキーと宅八郎。残念なことに、両者の公演時間が重なってしまったので、宅さんだけ見に行くことになりました。
テーマは「オタク大戦」。おたくの生態を、実際におたくを招いて解き明かす2時間。ゲストおたくの3人が激しすぎて、宅さん完全に喰われてました。
公衆の面前で、エ○ゲで夜のお仕事を済ませた後に、手作りの綾波○イ抱き枕で就寝、なんて得意気になって話している姿には、さすがに危機感を感じました。会場ドン引きでした。女性客は「きんも~☆」をひたすら連呼するばかり。
なんか、電車男とかでおたくが注目されてますが、その実態はやっぱり異世界の住人。肉欲の塊。決して純粋なんかじゃないんだと確信しました。
悪夢(;´Д`)
ひどい夢だった。一週間くらいトラウマになりそう。なんか変な脱力感。
やり遂げた・・・・
満身創痍になりながらも、なんとか連日の発表を消化しました。わざわざ僕のレポートを選んで発表させたんだから、せめて成績くらいは奮発して欲しいです。優なんかじゃ足りません。秀を要求したいです。